本当の「悪」は巨大テック企業にあらず? 規制強化を求める米議会報告書が浮き彫りにした“真実”




このほど米議会の下院小委員会が、巨大テック企業に対する規制強化を求める報告書を公表した。そこでは「テック大手=悪」という構図が示されたが、本当にそうなのか。そもそも、やりたい放題で利己主義的な米国流のビジネスの進め方に問題があるのではないだろうか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください