来年度概算要求とプライマリーバランス赤字




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「安倍政権のレガシー(後編):前半)」三橋貴明 AJER2020.9.14 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 【一般参加可能な講演会のお知らせ】令和2年10月16日(金) 2021年 日本経済の危機とは  日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞https://zuuonline.com/seminars/detail/64 令和2年10月17日(土) 三橋経済塾第九期 第10回講義(会場:大阪)https://ws.formzu.net/fgen/S30917843/ グローバリズムは我々の「祖国を愛する気持ち」までをも利用する [三橋TV第296回] 三橋貴明・sayahttps://youtu.be/K_brhkr6Nfw  来年度予算の概算要求が「各省庁から財務省様に」提出されましたが、興味深いことになぜか「地方紙」が一斉に膨らむ概算要求を叩いています。『信濃毎日新聞 膨らむ概算要求 「不要不急」は削らねば』『秋田魁新報 社説:予算概算要求 財政再建に道筋つけよ』『高知新聞 【概算要求】「緊要な経費」見極めを』『西日本新聞 「規模の予測もできない」予算膨張“青天井”…財政規律を度外視』 いや、あのね。二度の補正予算を成立させているから、2020年度の一般会計歳出は、今のままでも160兆円規模になっているのですよ(予備費は使いきっていないですが)。 さらに、どうやら第三次補正が(年明け早々)成立、執行の運びになりそうなので、最終的な2020年度予算の規模は200兆円に接近します。  概算要求が「105兆円規模だ! 七年連続で100兆円を越えた!」などと騒いでいますが、万が一(政権が完全に狂い)、2021年度に補正予算が組まれないとなると、一般会計歳出は50兆~80兆円規模で「前年度より少ない」という事態になります。  日本のGDPは軽く10%以上も、吹き飛ぶでしょう。つまりは、日本国民の所得が二桁減ります。 無論、政府が「需要創出」を減らした分、民間が財やサービスの購入を増やしてくれれば、GDPは下支えされますが、そんな奇跡は起きません。  というわけで、概算要求や当初予算がどうなろうとも、21年度も50兆円を越す補正予算は絶対に組まざるを得ないのです。 さらに、コロナ危機を受け、税額が減る。『コロナで税収大幅減見込み 地方交付税 来年度予算編成の焦点に 新型コロナウイルスの影響で、来年度税収の大幅な減少が見込まれる中、総務省は地方自治体の財政を支援する地方交付税について今年度と同程度確保したいとしていて、来年度の予算編成の焦点の1つとなりそ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください