次世代量子コンピューターは5000超量子ビット、進化続けるD-Wave




量子アニーリング方式の量子コンピューターを手がけるD-Waveは、クラウドをベースにした同社のコンピューティングプラットフォームで量子ビット数を2倍以上に拡大し、5000キュービットのシステムを実現している。

Source: ZDNet Japan





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください