欧米各国の政策対応が注視されている。




こんばんは。
アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の調査で、新型コロナの死者数は世界全体において96万人を超えて、いよいよ100万人という数字も現実味を帯びてきましたね!
うち5分の1、つまり20万人はアメリカにおける死者で、感染が終息する気配に乏しいですね!
また、状況は欧州についてもほぼ同じですね!
イギリスがコロナ再拡大を懸念して、ロックダウンに踏み切ったほか、ドイツやフランスなどでもコロナが再び政治問題となりつつある感を否めないですね!
感染抑制と経済活動という相反するものに、どう折り合いをつけるのか欧米各国の政策対応が注視されていますね!
材料的に見た場合、米中の対立、北朝鮮情勢、イギリス情勢、イラン情勢、新型コロナウイルスとワクチン開発、アメリカ大統領選、菅新首相誕生と日本の政局、ベラルーシ情勢、毒殺未遂事件を中心としたロシア情勢など注目すべき要因は目白押しですね!
そうした中で、今週は週間を通してアメリカ通貨当局者などによる発言機会が多くて、要注意とされていましたが、今日もパウエル議長の新型コロナに関する議会証言をはじめ、地区連銀総裁らによる講演が目白押しですね!
昨日、エバンス・シカゴ連銀総裁の発言が好感されたような展開が今日も起こらないとは限らないですね!




僕のオリジナルロジックに基づきエントリーをいれました!
その結果↓

スポンサーリンク



twitterアカウント https://twitter.com/freshfishgo

ドル円 105.086で売り
105.031で決済 +5pipsで +55,000円でした!

ドル円 105.100で売り
104.975で決済 +12pipsで +125,000円でした!

合計 +18pipsで +180,000円でした!

Twitterでの配信でのトータル収支は
現在+8160pipsで+8170万円です!

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Source: 株式億トレーダーの銘柄予想・トレード日記





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください