民主党以下の経済成長率 安倍総理大臣のレガシー(後編)




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「全ての歴史がイギリスから動く(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.10 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 令和2年9月19日(土) 三橋経済塾第九期 第9回講義(一般参加可能です)会場:名古屋 ゲスト講師:ノンフィクション作家 河添恵子先生https://ws.formzu.net/fgen/S78662785/ エグイ!地獄! 重税国家、日本国を変えようよ! そのためには・・・ [三橋TV第281回]https://youtu.be/W1CpgHGQtOk【緊急配信】安倍総理電撃辞任、次の総理は?総裁選のポイントは?経済暴落の日本を立て直すには?三橋貴明が徹底解説!https://youtu.be/-zKDBrx5SGY JR東日本 運賃値上げ検討 背後にある戦後日本の闇 三橋貴明×室伏謙一https://youtu.be/mxZk8c6p_Lw  さて、個人がいかなる価値観を持とうが自由なので、懸命に理由を探し、「安倍総理は偉大な総理大臣だった」 と、自分を納得させようとするのは構いませんが、客観的事実として、安倍政権の経済成長率は「民主党以下」でした。  しかも、2020年4月以降の数値を含まずに「民主党以下」なのです。2020年度の数字が出た後は、「戦後最悪」になるでしょう。【日本の経済成長率の推移(対前年比%)】http://mtdata.jp/data_71.html#nendo 民主党政権期(2010年度ー2012年度) 平均経済成長率 1.53% 安倍政権期(第二次以降 2013年度-2019年度) 平均経済成長率 0.94% これが結果ですよ。 そもそも、昨日、データで証明した通り、安倍政権は民主党政権以上の「緊縮政権」だったのです。  デフレの国が緊縮財政を継続し、経済成長するはずがないでしょう。 安倍政権が2013年度の財政拡大(大したことは無かったですが)を継続し、消費税増税を凍結していたならば、平均成長率は2.5%を上回っていたでしょう。  2013年度以降の日本は、経済成長することができた。それを、安倍政権が潰した。 具体的には、14年4月以降の緊縮財政によって。  ただ、それだけの話です。  緊縮財政が続けられた結果、防災インフラは劣化し、災害で国民が死に、科学技術力は見るも無残なまでに凋落し、地方の衰退は加速し、教育は劣化し、医療サービスや介護サービスまで予算を抑制され、現場はブラック化。特に、介護分野で信じがたいような凄惨な事件が繰り返し発生。  実質賃金の低下と、総続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください