海水の酸性化が「サメ類の肌と歯」を溶かし、生態系が大混乱に? 研究結果が示した温室効果ガスの新たな危険性




二酸化炭素の排出量増加によって進む海洋の酸性化の影響が、数億年にわたって地球の海を泳いできたサメにも及ぶかもしれない。酸性化した海水がサメ類のうろこを侵食し、歯を溶かす可能性もあるという研究結果が発表されたのだ。その影響は貝類やプランクトンにも広がり、生態系を壊滅的な状況に陥れる危険性も指摘されている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください