無線通信区間でのNTP同期精度を保つソフトウェアをセイコーソリューションズが開発




セイコーソリューションズは、無線通信区間でNTP同期精度を保つソフトウェア「Seiko Smart Time Filter」(仮称)を開発した。実証実験で、10~50ミリ秒程度の精度でNTP同期精度を保つことが可能であることを確認した。
Source: @IT 全フォーラム





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください