省エネで働き者。ナマケモノを模したロボが植物園で絶滅危惧種を観察




Image:GeorgiaTechエネルギー効率のお手本にもなりました。アトランタ植物園にて、絶滅危惧種の動植物を救うべく、それらの生態系を監視するロボットが配備されました。それはナマケモノを模した「SlothBot」。ジョージア工科大学のエンジニアたちが、ナマケモノのライフスタイルをお手本にした結果、消費電力の少ないロボが完成したのだそうです。太陽光で発電し省エネで動くGeorgiaTechによ
Source: ギズモード・ジャパン





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください