社会の価値観が反映された技術をつくるために:フェイフェイ・リーが語る「人間中心のAI」への道(前編)




「人間中心の人工知能(AI)」を提唱し、模索し続けてきたAI研究の第一人者、フェイフェイ・リー(李飛飛)。差別やプライヴァシーの問題など、AIの問題が浮き彫りになっているいま、彼女はAI研究の分野で何がなされるべきだと考えているのか? 『WIRED』US版によるインタヴューの前編。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください