福岡市、市役所の行政手続きをハンコレス化–市単独で見直しできる3800種類全てで




福岡市は9月28日、市へ提出される申請書などの押印義務を、国や県の法令で押印が義務付けされたものを除き、9月末ですべて廃止すると発表した。市が単独で見直しが可能な約3800種類を対象としている。

Source: CNET Japan 最新情報





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください