米国で急増する飲食店の閉店と、“ゴーストキッチン”の隆盛で失われつつあるもの




新型コロナウイルスのパンデミックにより、全米で飲食店の閉店が急増している。こうしたなか注目されているのが、複数の飲食店が配送やテイクアウトのために利用できるゴーストキッチンと呼ばれる厨房のある施設だ。この“飲食店のWeWork”とでもいうべきサーヴィスは経済性と利便性ゆえに人気が高まっているが、“何か”が失われてしまったとの声も根強い。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください