米国の大手医療企業がランサムウェアに攻撃され、多くの病院で現場が大混乱に陥っている




全米や英国などで400以上の施設を運営する大手医療企業が、ランサムウェア攻撃に襲われた。全米の多くの病院ではネットワークが停止し、さまざまな混乱が起きている。今回の攻撃に使われたランサムウェアの特徴からは、ロシアの犯罪集団の存在が見え隠れする。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください