米国の検査キットの大半は“ごみ”同然、無駄でしかない:ビル・ゲイツ、新型コロナウイルスを語る(後編)




以前からパンデミックの危険性に警鐘を鳴らしてきたビル・ゲイツは現在、財団の活動を通じて新型コロナウイルスの治療や検査、ワクチンの開発に取り組んでいる。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによるゲイツへの単独インタヴューの後編では、話題は米国で実施されているウイルス検査やソーシャルメディアの問題、TikTokの買収へと広がっていった。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください