米国政府のあらゆる対応に失望している:ビル・ゲイツ、新型コロナウイルスを語る(前編)




マイクロソフトの取締役を2020年3月に退任したビル・ゲイツは、ずっと以前からパンデミックの危険性に警鐘を鳴らしていた。そしていま、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の活動を通じて新型コロナウイルスの治療や検査、ワクチンの開発に取り組んでいる。彼は、米国の感染症対策の失敗やSNSの問題、この混乱から抜け出すためのイノヴェイションについて、何を思うのか──。『WIRED』US版のエディター・アット・ラージ(編集主幹)、スティーヴン・レヴィによるインタヴューの前編。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください