経済主権と供給能力、ナショナリズム




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「安倍政権のレガシー(後編):前半)」三橋貴明 AJER2020.9.14 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 令和2年10月25日(日) saya x ハーモニカ 配信ライブ令和2年11月12日(木)「今こそ奮起の時!豊かになるために一人ひとりがやるべきこと」(※オンライン講演会) 伊原剛志さんと、貨幣、財政破綻論、財務省についてトークした [三橋TV第302回] 三橋貴明・伊原剛志・高家望愛https://youtu.be/-6dx9gRJ8TM ビットコインが円の代わりにならないたった1つの理由(三橋貴明)https://youtu.be/hzDpAP_1QXw 昨日は三橋経済塾第九期第十回講義開催日でした。https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75 インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちくださいませ。 佐藤健志先生のご講演「主権のパラドックス または、MMTの二つの顔」が超絶的に面白かったです。 特に、フランス革命政府の「アッシニア」が貨幣になっていくところなど、タイミングよく、経世史論の歴史時事では、現在、フランス革命に入っています。(次回(第二十二回)はマクシミリアン・ロベスピエールです。)  併せて、ご覧いただくと、ますます「貨幣」や「国民主権国家」について理解が深まるのではないかと思います。 さて、政府は雇用調整助成金の上限額引き上げ(中小企業は10分の10、但し、上限金額1万5千円)などの特例措置を、12月末まで延長する方針を決めました。 また、新型コロナウイルス感染症の影響で休業させられたものの、休業手当が支給されなかった「従業員本人」が申請できる「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」も、対象期間が12月末までに延長されています。 生き延びるために、使えるものは全て使って下さい。『予備費5490億円支出決定 政府、雇調金や生産回帰 政府は16日の閣議で、新型コロナウイルス対策の予備費5490億円の支出を決めた。このうち雇用調整助成金の上限を引き上げる特例措置の延長に4390億円を充てる。国際サプライチェーン(供給網)への懸念を受け、マスクや医薬品などの国内生産回帰を支援する補助金は860億円積み増す。 農林漁業者向けの支援も追加する。感染防止対策を講じつつ事業に取り組むための経営継続補助金は240億円を盛り込んだ。 政府は2度の2020年度補正予算で予備費を11兆5000億円計上した。これまでにも中小企業向けの持続化給付金などに使っており、今回の決定で残るのは7兆2780億円ほどになる。(後略)』 【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】要望殺到につき再掲載! 特別コンテンツ、林千勝先生「大東亜戦争の真実」シリーズ全編!http://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishiron/  ところで、佐藤健志先生のご講演の最大のポイントは、「通貨続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください