経産省、世紀の大失策…無茶苦茶なコロナ対策のせいで、日本は衰退へ




新型コロナウィルスは、日本経済に大打撃を与えた。日本政府は感染の実態を正確に把握できていなかったばかりか、有事の経済政策でも後手に回ったと、経済アナリストの森永卓郎氏は指摘する。そんな森永氏の新刊から、経済産業省の失策について紹介する。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください