緊縮政権 安倍総理大臣のレガシー(中編)




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「全ての歴史がイギリスから動く(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.10 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 令和2年9月19日(土) 三橋経済塾第九期 第9回講義(一般参加可能です)会場:名古屋 ゲスト講師:ノンフィクション作家 河添恵子先生https://ws.formzu.net/fgen/S78662785/ エグイ!地獄! 重税国家、日本国を変えようよ! そのためには・・・ [三橋TV第281回]https://youtu.be/W1CpgHGQtOk  本日は、安倍政権の緊縮財政がテーマです。これは、極めて重要な問題で、何しろ、未だに、「安倍政権は放漫財政だった」 と、嘘のイメージをすり込まれたままの国民が少なくありません。となると、次の政権は、「我々は放漫だった安倍政権とは違う。ムダを切り詰め、国の借金を返済する」 とか何とか言った方が「支持率が上がる」ことになりかねないわけです。つまりは、日本国民は自分の首を締め上げるロープを引っ張る政権を「欲する」という話です。 実際には、安倍政権が大々的な財政拡大をしたのは、2020年度だけです(2013年度も、大したことがないといえば、大したことがない。それ以降よりマシなだけ)。 というわけで、緊縮関連の安倍総理のレガシーをまとめておきます。  まずは、中長期的なマクロなデータから。【主要国の2018年の自国通貨建てGDP・政府支出(対2001年比)】http://mtdata.jp/data_70.html#IMF 日本は二十一世紀に入り、主要国の中で、唯一、政府支出を全く増やさず、「結果的」にGDPも増えなかったという(当たり前)愚かな国です。第二次安倍政権発足以降も、この傾向が変わったわけではありません。 何と、日本は「あの」ガチガチの狂信的な緊縮国であるドイツよりも、政府支出を増やしていないのです。 ドイツ人もびっくり!という感じです。【日本とドイツの政府支出の推移(2001年=1)】http://mtdata.jp/data_71.html#NICHIDOKU つまりは、少なくとも日本は「世界の主要国と比べれば、緊縮的」です。これを否定することは、誰にもできないでしょう。 その上で、安倍政権を過去の政権と比べてみましょう。【日本の新規国債発行(当初予算・実績)の推移(億円)】http://mtdata.jp/data_71.html#shinki 安倍政権は、少なくとも2019年度までは、新規国債発行額を絞り込んでいき続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください