自らの存在意義まで掲げた大改革に乗り出した富士通社長の意欲と危機感




今回は、富士通 代表取締役社長の時田隆仁氏と、アズジェント代表取締役社長の杉本隆洋氏の発言を紹介する。

Source: ZDNet Japan





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください