自信を持ちすぎた中国の「悲しき末路」…大日本帝国の姿と重なって見える




改革開放政策が成功し国力が伸長するにつけ、「これまでの中国と思うなよ」と中国政府高官から本音が漏れるようになった。力への過信と、拡張主義的なナショナリズムが噴き出すようになった。その姿が、力を過信して昭和前期に大きく国策を誤り、無様に崩落した大日本帝国の姿と重なって見える。――外交安全保障政策の中枢にいた元外交官が鳴らす中国への歴史の警鐘
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください