菅内閣は小泉内閣の亜流




三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「安倍政権のレガシー(後編):前半)」三橋貴明 AJER2020.9.14 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 【一般参加可能な講演会のお知らせ】令和2年10月16日(金) 2021年 日本経済の危機とは  日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞https://zuuonline.com/seminars/detail/64 令和2年10月17日(土) 三橋経済塾第九期 第10回講義(会場:大阪)https://ws.formzu.net/fgen/S30917843/ グローバリズムは我々の「祖国を愛する気持ち」までをも利用する [三橋TV第296回] 三橋貴明・sayahttps://youtu.be/K_brhkr6Nfw【Front Japan 桜】グローバリズムはあなたの祖国への愛すら利用する / 中小企業のシャッター街化を防げ[桜R2/10/2]https://youtu.be/xOY-YUWsmZU 本日はチャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」に出演します。https://www.youtube.com/playlist?list=PLubSbhcjV7IDKRgDdb7J8sJ9jqZxlw9yY 菅内閣が、「消費税引き下げは考えない」答弁書を閣議決定したとのことです。『消費税率引き下げ「考えない」 政府、答弁書を決定https://www.sankei.com/economy/news/201002/ecn2010020029-n1.html 政府は2日の閣議で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた景気対策として消費税率を時限的に引き下げる可能性について「引き下げることは考えていない」とする答弁書を閣議決定した。当面は緊急経済対策や補正予算の執行が重要と指摘した。 答弁書では、昨年10月の10%への引き上げは「全ての世代が安心できる全世代型社会保障制度へと転換していくために必要だ」と説明。「当面は新型コロナ対策に取り組む」とし、将来的な税率10%超への引き上げに関しては「具体的に検討していない」とするにとどめた。 立憲民主党の中谷一馬衆院議員が提出した質問主意書への回答。』 だ~か~ら~。 消費税が「社会保障制度」の財源だと主張するならば、特別会計にしろよ。そして、財務省の所管ではなく、厚生労働省の所管に移せばいい。 実際には、財務省が消費税を手放すことはないですし、消費税収の「数字」はPB赤字圧縮に使われるだけの話でございます。 実は、昨日、国民民主党の玉木代表と対談し(近々、三橋TV、月刊三橋にアップされます)たのですが(玉木代表とわたくしは同い年)、我々(玉木、三橋)にとっては自明の理(というか、単なる事実)である、「構造改革は、デフレ化政策(インフレ対策)」「PB黒字化は、民間赤字化」 という「基本中の基本」を、多くの国会議員が理解していないというのが「現実」という話をしています。 もっとも、それはある意味当たり前で、何し続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください