菅政権肝入りの「デジタル化」に抵抗する、霞が関の役人たち




菅政権肝煎りの政策といえば、デジタル庁の設立である。その誕生には賛否両論さまざまな意見が飛び交っているが、実は官僚組織内部にも、デジタル化に拒否感を示す官僚が一部いると考えられる。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください