途上国の30億人に“手洗い”を届けるイノヴェイション:LIXILの「SATO Tap」、たった2カ月での完成の軌跡




新型コロナウイルス感染症の感染予防策として手洗いの重要性が説かれる一方、一部の開発途上国では人口の約75パーセントが基本的な手洗い設備を利用できない環境に暮らしている。この喫緊の課題に対してLIXILが6月に急遽発表した手洗いソリューション「SATO Tap」。コロナ禍において着想からたった2カ月で完成発表まで至ったこのイノヴェイションが実現した背景を、開発者と振り返る。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください