釜石で緊急事態宣言後初のラグビー試合に臨んだヤマハ15の熱き想い




2020年9月5日、岩手県釜石氏の鵜住居復興スタジアムで、コロナ禍による緊急事態宣言以降、初めて公に行われるラグビーの試合が開催された。対戦したのは、地元の釜石シーウェイブスRFCとラグビートップリーグの強豪、ヤマハ発動機ジュビロ。ヤマハのフィフティーンには、東日本大震災の被害が生々しい頃に試合に訪れて以来、釜石の町に特別な思いを抱き続けてきた。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください