非難の応酬となった米大統領選の討論会で、トランプが8分間でついた「11の嘘」




このほど開かれた米大統領選挙に向けた初のテレビ討論会は、非難の応酬に終わった。ドナルド・トランプ大統領はこれまでと同様に郵便投票に伴う不正のリスクについて繰り返し訴えたが、そこには多くの「嘘」が含まれていた。数にして、たった8分間で11個──。それらの「11の嘘」について明らかにする。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください