韓国で「成長率&株価」下落のWパンチ、世界の投資家が背を向け始めた…!




8月27日、韓国銀行(中央銀行)は、2020年の同国のGDP(国内総生産)成長率の見通しを従来のマイナス0.2%からマイナス1.3%に下方修正した。見通しの中身を見ると、設備投資は増加すると見込まれる一方で、個人消費と韓国経済の最も重要な輸出が落ち込むと予想されている。
Source: 現代ビジネス | 講談社





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください