韓国の仁川空港が史上初の赤字転落へ! 旅客需要消失でパニック状態! 終わったな…




韓経:仁川空港公社、史上初の赤字を予告 4/24(金) 8:47配信 中央日報日本語版 毎年1兆ウォン(約873億円)近い利益を上げていた仁川(インチョン)国際空港公社が、ことし17年ぶりに赤字を記録する見通しだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)事態により旅客需要が大幅に減少した影響だ。 仁川空港公社は23日、ことし163億ウォンの当期純損失を出すことが予想されると発表した。昨年の当期純利益8660億ウォンから赤字転換することになる。公社がことし実際に赤字を出せば、2003年以来17年間で初めてとなる。 公社はことしの年間売上高を1兆5920億ウォンと予想した。昨年(2兆7592億ウォン)より42%減した規模だ。営業利益は前年の1兆2886億ウォンから98%減の198億ウォン、国際旅客数は昨年より79.8%減の1426万人に留まると予想した。昨年、仁川空港を利用した乗客は7050万人水準だった。公社関係者は「今年1-3月期の実績と、世界各国の新型コロナウイルスの感染拡大、MERS(中東呼吸器症候群)・SARS(重症急性呼吸器症候群)後の旅客変動パターンなどを分析し、ことしの予想旅客需要と経営実績を予測した」と説明した。 仁川空港の旅客数は、ことし初めだけでも一日20万人を超えていたが、新型コロナウイルスの感染拡大したことから、今月は一日平均4000人台に留まっている。20日には2672人まで減少した。 滑走路を1本新設し、第2ターミナルを拡充する4段階の建設事業にも支障は避けられない。公社は事業費4兆7000億ウォンを政府の財政支援なしに公社自体の収入で100%負担する計画だったが、収益の悪化により財源調達案を再検討しなければならない状況だ。 公社関係者は「仁川空港の開港以来、継続的に事業拡大を進め、3兆ウォン程度の負債がある」とし「債券発行などにより約2兆ウォンを追加借入する計画」と話した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000010-cnippou-kr 売上高42%減という超楽観シナリオでも赤字転落 客足が途絶えない…「丸亀製麺」羽田空港店が売上No.1のワケ 4/18(土) 13:00配信 幻冬舎ゴールドオンライン 丸亀製麺の国内店舗で、一番の売上を誇る「羽田空港第2ターミナル店」。大型店舗ではないにも関わらず、客足は途絶えない。同店が成長を続ける秘密はどこにあるのだろうか。創業者である粟田貴也氏の社長秘書・小野正誉氏の著書『丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか?』(祥伝社)より一部を抜粋し、その秘密を紐解いていく。※記載の数値や内容については、発売当初のものです。 一番売れている羽田空港店は、常に客足が途絶えない 丸亀製麺の国内店舗で、一番売れているのは羽田空港の第二旅客ターミナルにあるお店です。 開店したばかりのころ、行列があまりにも長くなってしまったので嬉しい悲鳴が上がりました。同時に、「お客様は諦めて他のお店に行ってしまうのではないか」という心配もありました。 ・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00025776-gonline-bus_all 明らかに需要がない滑走路増設とターミナル拡充に資産注ぎ込む韓国 韓経:大韓航空にも1兆ウォンの「輸血」 4/24(金) 8:50配信 中央日報日本語版 産業銀行や輸出入銀行など大韓航空債権団が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の被害で困難に陥っている大韓航空に1兆ウォン(約87億3000万円)台の資金を緊急支援する。3日前のアシアナ航空への1兆7000億ウォンの資金支援に続き大型航空会社に対する2度目の支援だ。 23日、業界と金融圏によると、大韓航空債権団は大韓航空に1兆ウォン台の資金支援策を取りまとめ発表する予定だ。業界関係者は「大韓航空に供給される資金規模は1兆ウォンを超えるが、アシアナ航空よりはやや少ない」と話した。支援にはアシアナ航空のように「マイナス通帳」形式の限度融資が含まれていることが分かった。差し当たって必要なところがあるとき自由に使えるようにするやり方だ。保証と永久債の購入も含まれた。債権団が永久債を購入すれば負債比率が低くなる効果が発生する。 今回の支援は今月22日に政府が出した40兆ウォンの基幹産業安定基金が適時に供給されないことを懸念して決定された。航空業界に大規模な資金が流れていくためには産業銀行法を改正しなくてはならないが、国会で法を変えるには時間がかかるほかない。 新型コロナの打撃で被害が深刻な航空業界では、危機を克服するためには10兆ウォン前後の資金支援が必要だという分析もある。現在まで世界183カ国が国境を閉じながら航空会社の運航・旅客・貨物需要が激減した。 今月第2週の国際航空旅客数は昨年同期比98.1%減となった。韓国の格安航空会社(LCC)7社のうち、チェジュ航空を除いた6社は国際定期便を全面的に中断した状態だ。 金融圏関係者は「基金が造成されるまで航空業界は持ちこたえることはできないという分析が多い」とし「大規模支援計画が実行に移される前に、先手を打つということ」と説明した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00000011-cnippou-kr 中国に空港を献上するより他はない ・飛行機が飛ばないから、そりゃそうなる。あと1年はこの状態が続く(SWさん) ・これから赤字幅の拡大が続く。赤字額でも世界一になりそうですね(IHさん) ・世界一のハブ空港と自惚れて、危機管理を怠ってきた結果がこの体たらく(NPさん) ・空港設備の整備やバージョンアップがされないまま赤字って、空港関係者が資産をポケットに入れてるんじゃない?(4Vさん) ・アメリカに駐留費と引き換えにあげれば?(3Oさん)
Source: News U.S.





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください