10歳の柴咲コウ~「35歳の少女」1話感想~




35歳が好きな日テレ(←35歳の高校生ってあったよね)

拗らせ家族が好きな遊川作品。

 

合わさって出来上がったのがーーー!

 

「35歳の少女」1話感想~

 

10歳の望美がママが買い忘れたすき焼きの豆腐を自転車で買いに行き、坂道でブレーキがきかなくなり事故って25歳。

 

なんと!25年ぶりに目覚めて柴咲コウになった望美ちゃん。

25年の月日で家族は変わってしまった。

ママはグレイヘアになってしまった鈴木保奈美。

そして妹は、目覚めない姉につきっきりになった母への反抗心から拗らせ女になった橋本愛。

パパは、事故から5年経ってママと離婚し、富田靖子と再婚。

連れ子が竜星涼。

そして、望美の初恋の君が坂口健太郎。

 

身体は35歳だけど心は10歳の望美。

両親はおばあちゃん&おじいちゃんに見えて、

妹は可愛くない大人に見えて、

初恋の相手の坂口健太郎がおじさんに見えるのであった。

10歳でも、坂口健太郎はかっこよく見えると思うのだけど・・・




おじさんなんだね~滝汗

 

で・・・グレイヘアママがとにかく強引。

望美の退院祝いにすき焼きパーティーを開催すると宣言し、

初恋の相手の坂口健太郎を誘う。

 

地獄のすき焼きパーティーのはじまり。

望美に触発され小学生教師になったのに現実は甘くない。

きっと学級崩壊にでもなったのだろうと想像。

やさぐれた坂口健太郎が、天真爛漫で人の喜びも悲しみにも正直に寄り添えることができる綺麗な心しかない35歳の少女に向かって、

悪態をつく。

 

初恋の相手のやさぐれを聞き、大きな声をあげて泣く35歳だけど10歳の望美。

 

10歳の少女にちゃんと見える柴咲コウなのであった。

だからこそ、大人たちーーーー!

贖罪の押しつけあいがみっともないぞ!と思えるのよ。

 

とにかく出演者さんたちが曲者揃いで、富田靖子さんあたりが大暴れしてくれそうでそこは楽しみです。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

Source: oliveのドラマ帳~風に吹かれて~





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください