【錦織圭・妄想劇場】もしも錦織選手の自叙伝を映画化するなら・・・

2015y07m29d_105933138錦織圭・妄想劇場 もしも錦織選手の自叙伝を映画化するなら・・・工藤 阿須加 初主演映画「頂点への道」! 「勝てない相手はもういない」・・・錦織圭役のテニスシーンを吹き替えなしで演じきれるのは日本で工藤 阿須加(23)だけ!(たぶん・・・)

スポンサーリンク



猛暑が続く日本列島だが、
爽やか(?)な妄想を。

大河ドラマ『八重の桜』 で
ヒロイン八重の弟、山本三郎や
『アルジャーノンに花束を』の檜山康介を
演じていた工藤 阿須加(23)。

2015y07m29d_095654245

 

デビュー4年目の工藤は
その目力と清潔感で
圧倒的な存在感を放つ。

 

スポンサーリンク



父は福岡ソフトバンクフォークスの工藤公康監督だが、
意外にも工藤は野球に興味がなく、小学校から没頭したテニスの腕前はプロ並みだと言う。

ここで爽やか(?)な妄想を。

4月15日、文芸春秋より発売された『頂点への道』(錦織圭、秋山英宏著)をベースに錦織選手の自叙伝を映画化したら・・・

2015y07m29d_085949758

2015y07m29d_114402281

独断でキャスティングを妄想してみる。

錦織圭・・・工藤 阿須加
錦織清志(父)・・・渡辺謙
錦織恵理(母)・・・南果歩
錦織玲奈(姉)・・・桐谷美玲
松岡修造・・・松岡修造
石井大裕・・・石井大裕

2015y07m29d_113117383もちろん幼少時代は子役に任せて・・・

マイケルチャンコーチや、
テニスに関わるそうそうたるメンバーの中に
当然実名で浮上するのが松岡修造氏だ。

TBSの石井アナウンサーも加わり
楽しく感動的な映画に仕上がりそうだ!
(注)あくまで妄想の中の話・・・

【工藤 阿須加】
注目度急上昇中の俳優。
1991年8月1日(23歳)|しし座|神奈川出身|B型
身長 180 cm
本名同じ。埼玉県出身。東京学館高等学校、東京農業大学卒業。パパドゥ所属。
デビュー4年目ながら確かな存在感を放つ。
目力が魅力のひとつ。
父親は福岡ソフトバンクフォークス・工藤公康監督。
妹はプロゴルファーの工藤遥加。
野球には一切興味がなく、小学校から没頭したのがテニス。
腕前はプロ並み。

2015y07m29d_093345603

2012年、テレビドラマ『理想の息子』でデビュー。
『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年4月~TBS日曜劇場)■社会人野球部の投手・沖原和也役。
約100名の応募者の中からオーディションで選ばれ、父と同じポジションの投手を俳優として演じた。

2015y07m29d_105952282

2014年5月24日、西武ドームで行われた埼玉西武ライオンズ対東京ヤクルトスワローズ戦で、父の現役時代と同じ背番号「47」が入った西武のユニフォームを着用し始球式を行った。

「アゲイン28年目の甲子園」(ポニーキャニオン、重松清/集英社)
「HEAT」、2013年放送ドラマ「ショムニ2013」
映画「百瀬、こっちを向いて」(ハピネット)
アルジャーノンに花束を(2015年4月10日 – 6月12日、TBS)■檜山康介 役
大河ドラマ 八重の桜 第6話 – 第21話(2013年2月10日 – 5月26日、NHK)■ 山本三郎 役


コメントを残す