全米の抗議デモで制圧に使われた「非致死性の兵器」の本当の危険性

黒人のジョージ・フロイドが白人の警察官から暴行を受けて死亡した事件に抗議するデモ活動が、全米に広がっている。これに対して警察当局は、催涙ガスやゴム弾といった「非致死性の兵器」で制圧に乗り出したが、実のところこれらの兵器には人を死に至らしめる危険性が潜んでいる。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

たった2週間で発生する「突発的な干ばつ」の恐ろしさを解明すべく、科学者たちが動き始めた

一般的に干ばつは、じわじわ訪れる災害だと考えられている。だが、最短2週間で発生する突発的な干ばつが、極めて重大な被害をもたらし始めた。こうした現象は、いったいなぜ起きるのか──。その解明に科学者たちが動きだした。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

それでもFacebookは「トランプの問題投稿」を放置する? 従業員に公然と非難されたザッカーバーグの思惑

フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグは、有害な内容やデマを禁じた規約への違反が疑われるコンテンツを、政治家がFacebookに投稿することを認める姿勢を一貫して変えていない。デマや人種差別的な発言で知られるトランプの発言さえ、“放置”しているのだ。こうした姿勢に対していま、従業員たちまでもが公然と非難を始めている。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

人種差別への抗議に動いたテック企業は、シリコンヴァレーの“体質”も変えられるか

黒人のジョージ・フロイドが白人の警察官から暴行を受けて死亡した事件を受けて、全米に抗議活動が広がっている。こうしたなか大手テック企業は抗議に賛同しているが、従業員たちとの温度差も浮き彫りになっている。これまでにも人種や性による差別が問題化してきたシリコンヴァレーは、どこまでその体質を変えることができるのか。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

アフリカではいま、ドローンが新型コロナウイルスの検査サンプルを運んでいる

世界初のドローン医療スタートアップ、Zipline。東アフリカのルワンダで約4年にわたって血液サンプルを輸送してきた同社のドローンは、新型コロナウイルスのパンデミックとなったいま、アフリカや米国で新型コロナウイルス対策に必要な血液サンプルや医療物資を運んでいる。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

マルコム・グラッドウェル、史上最悪のパンデミック「スペイン風邪」の謎に迫る (3)ウイルスはいかにして殺人者となったのか

パンデミックのなかでも史上最悪と言われている「スペイン風邪」。感染はほぼすべての国に及び、多くの命を短期間のうちに奪った。原因となったウイルスはいかにしてこれほどまでに致死性を高めたのか。時代を超え、ときに地球の最果てまでその答えを追い求める研究者たちを、世界的に著名な作家でジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが取材したシリーズ最終回。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際

パンデミックの時代、ゲーム業界では名作のリメイクが求められている

最近のゲーム業界では、過去の名作ゲームのリメイク版やリマスター版が相次いで発売されている。新型コロナウイルスのパンデミックによって世界が不確実になっているいま、求められているのはノスタルジーが与えてくれる心地よさだ。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

国際