共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す

共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。
Source: ITmedia TOP STORIES

家で遊ぶポケモンGO ガラル地方のポケモンにも会えるイベント開始 「ゲノセクト」ゲットのチャンスも

ポケモンGOで週替わりイベントの最後を飾る「ジェネレーションチャレンジ2020セレブレーション」がスタート。幻のポケモン「ゲノセクト」の他、初実装となる「ニャース(ガラルのすがた)」「マッギョ(ガラルのすがた)」などがゲットできます。
Source: ITmedia TOP STORIES

トランプ氏の投稿放置でFacebookのザッカーバーグCEOと一部従業員が対立

Twitterは非表示にしたトランプ大統領の投稿をFacebookでは放置する決定をしたことに従業員が抗議したことを受け、ザッカーバーグCEOがオンライン全社会議を開催した。会議でもその決定を変えるつもりはないと説明し、少なくとも2人の従業員が抗議のために退社した。
Source: ITmedia TOP STORIES