Apple Music TVは、アップルによる懐かしのMTV

Image:MTV/Apple/GizmodoUSちょっと見てみたい。Apple(アップル)は月曜日、24時間放送のミュージックビデオ・キュレーションチャンネルの「AppleMusicTV」をローンチしました。これはまさに、“アップルによるMTV”といえるもの。なおチャンネルはAppleMusicとAppleTVのアプリから無料で視聴でき、広告も表示されません。初日の放送内容は、AppleMusi
Source: ギズモード・ジャパン

サンディ・スプリングス市と大阪市廃止構想

三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付中!株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「ナショナリズム対グローバリズム(前半)」三橋貴明 AJER2020.10.19 令和の政策ピボット呼びかけ人に、林千勝先生(近現代史研究家)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 令和2年10月25日(日) saya x ハーモニカ 配信ライブ令和2年11月12日(木)「今こそ奮起の時!豊かになるために一人ひとりがやるべきこと」(※オンライン講演会) 英米合作経済抗戦力調査 奪われた勝利への道 [三橋TV第305回] 三橋貴明・林千勝・高家望愛https://youtu.be/L8UwW8gQmA8【緊急更新】日本人の声をミッテ区とミッテ区長に届け、少女像を撤去させよう!https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12633317296.html#cbox我々自身で、日本人の声を、ミッテ区とミッテ区長に対して届けましょう!!ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 サンディ・スプリングス市を覚えていますか。  アメリカのジョージア州のサンディ・スプリングスは、元々はカウンティ―郡に属していたのだが、白人富裕層を中心とした住民が、「高額な固定資産税を支払っているのに、税金の多くは南部に住む貧困層のために使われ、自分たちのために使われていない」 として、独立運動を起こし、本当に独立してしまったのです。 アメリカの「ナショナリズム(国民意識)」が崩壊している事例として、頻繁に取り上げます。つまりは、現在のサンディ・スプリング市の人々と、カウンティ―郡のその他の人々は「同じ国民」という意識を共有していなかったわけです。 さて、都構想緊急対談シリーズで、恐らくは最も重要な動画が配信になりました。【都構想緊急対談Part3】なぜ公明党は都構想賛成に寝返ったのか?メディアが報じない維新と菅総理の蜜月関係 三橋貴明 × 冨田宏治(関西学院大学教授)https://youtu.be/KQSW1aCySX4 富田先生との対談は、前半の、「創価学会本部の権力争いにより、大阪市廃止・特別区設置の住民投票に至った」 という点も重要ですが、それ以上に後半。 衝撃を受けました、正直言って。 会社の都合(転勤など)で、大阪市の北部などに乱立するタワーマンションで暮らし、足元の「長屋」を眺めながら生きている、(相対的な)富裕層。 長屋を眺めるというか、もはや長屋で暮らす「同じ国民」を見下している人々が、「自分たちの支払った税金が、あんな貧乏人たちのために使われている」 と、感じ、維新や大阪都構想(なる大阪市廃止構想)を支持している。同時に、彼らは「いつ、自分も長屋続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 新世紀のビッグブラザーへ blog

水を注ぐと化学反応で熱くなる「防災加熱袋」。食事は温かいほうが良いよね

Image:amazon避難時だけでなくアウトドアにも。災害時の備えに、ガスも電気を使わず、150mlの水で最高温度97度まで発熱する「防災加熱袋」を持っておくと良さそうです。この袋を使うと、レトルト食品や缶飲料、またはミルクの入った哺乳瓶なども温められます。やはり食べ物は冷たいより温かいほうが良いですもんね。発熱する原理は生石灰を使っているから。その発熱剤に水を注ぐと、化学反応により20〜50秒
Source: ギズモード・ジャパン

[ブックレビュー]メンテナンスの重要性–「エンジニアのためのWord再入門講座」

筆者は、ライターになってから四半世紀経とうかというところだが、ンテナンス性の低すぎる文書に数々お目にかかってきた。エンジニアはもちろん、ビジネスの現場で、複数人で利用するドキュメントを作るなら、本書に書かれていることを大前提として作成しなければ、無駄な時間と労力、つまりは無駄なコストがかかり続けることになる。

Source: CNET Japan 最新情報