錦織圭、連覇へ向けて好発進! バルセロナ・オープン2回戦 2ndサーブのポイント獲得率は驚異の90%!

サムネイル男子テニス「バルセロナ・オープン」シングルス2回戦(21日、スペイン・バルセロナ)

第1シード世界ランク5位の錦織圭(25、日清食品)が、世界ランク85位のテイムラズ・ガバシビリ(29、ロシア)を6-3、6-4のストレートで圧勝。連覇に向けて好発進した。

スポンサーリンク



この日錦織のセカンドサーブは、ポイント獲得率90%という驚異的な数字を叩き出し成長を感じさせた。

ファーストサーブこそ59%だったが、セカンドサーブでは20ポイント中18ポイントを奪う快進撃!(通常のセカンドサーブでのポイント獲得率45~50%)

ストロークが強烈なガバシビリに対し、序盤からエンジン全開!全く隙を見せず1時間8分で完勝。

世界最高と言われる錦織のストロークだが、課題はサーブ。ビッグサーバーのようにフラット系でエースを連発するのは難しいため、セカンドサーブとのコンビネーションが鍵。

四大大会で優勝を狙うにはサービス力の強化は必須条件の一つ。

質のいいセカンドサーブを次々と決めた錦織は、ガバシビリに隙を与えなかった。威力だけではなく相手の狙いを外し、球質・コース共に巧妙なサーブ。唯一ブレークポイントを握られた第1セット第7ゲーム。逆をついてセンターへエースを奪う場面もあった。
スポンサーリンク



順当に勝ち進めば、決勝は第2シードで世界ランク4位のクレーコート・キング、ラファエル・ナダル(28、スペイン)と激突する。王者ナダルには過去7戦全敗だが、「試合をするたびに差は縮まっている。チャンスはある」と錦織。セカンドサーブの調子が勝敗を左右すると見られている。

錦織は23日の3回戦でサンティアゴ・ヒラルド(27歳・コロンビア)と対戦する。


コメントを残す