【錦織圭・ロジャーズカップ】準決勝、マレー戦であっという間の失速!一体錦織に何が?

2015y08m18d_125256068ロジャーズカップ(カナダ・モントリオール)男子シングルス準決勝。錦織圭がアンディ・マレー(28=英国)に3―6、0―6で完敗、大会初の決勝進出を逃した。「2セット目の自分は同じ選手ではなかった」ナダルを完全に封じ初勝利を挙げたパーフェクト・マッチから一転、アクシデントが錦織を襲った。

スポンサーリンク



15日(日本時間16日)、
カナダ・モントリオールで行われたロジャーズカップ準決勝。
錦織圭(世界ランキング4位)は
アンディ・マレー(同3位/英国)に
3―6、0―6で完敗。
大会初の決勝進出を逃した。

【ATP世界ランキング 8月17日更新】
*( )内の数字は獲得ポイント
1位 → (1) N.ジョコビッチ (14265)
2位↑ (3) A.マレー (8660)
3位 ↓ (2) R.フェデラー (8065)
4位 → (4) 錦織 圭  (6385)
5位 → (5) S.ワウリンカ  (5575)
6位 → (6) T.ベルディヒ  (5140)
7位 → (7) D.フェレール (3695)
8位 ↑ (9) R.ナダル (3680)
9位 ↓ (8) M.チリッチ  (3505)
10位 → (10) M.ラオニチ  (2925)

スポンサーリンク



ロジャーズ・カップ準決勝、マレー戦。

スライスを混ぜ、隙をついて強打のカウンター、
緩急の絶妙なリズムで錦織のタイミングを外し、
セカンドサーブは前に出て叩く「錦織対策」。
マレーはこの対策を完璧に遂行していた。

【第1セット】
第2ゲーム マレーがブレーク。
第3ゲーム 錦織がブレークバック。
第6ゲーム マレーがブレーク。
第7ゲーム 錦織がブレークバック。

両者、激しい攻防から迎えた第8ゲーム。
40-0
錦織リードのサービスゲーム。
錦織が決め球を外す!
もはやマレーのボールを追うこともできない。
あっという間に逆転され
ゲームカウント3-6で第1セットを失う錦織。

【第2セット】
1ゲームもキープできず
ゲームカウント0-6。

ストレートでマレーに敗退、
あっという間の失速だった。

一体錦織に何が起こったのか。

NHKの解説で「戦意喪失」と言う言葉が使われたため、
紙面やSNS上で大きな波紋が広がった。

そもそも錦織は動ける状態にも拘わらず
「戦意喪失」したため、マレーのボールを追わなかったのか。
「球を追わない」のか「「球を追えない」のか。

「疲労か!球追わない錦織にブーイング…マリーに完敗」(日刊スポーツ )

この日錦織はMTO(メディカル・タイム・アウト)も取らず
途中棄権もしなかった。

第2セット 終盤
第4ゲーム、第5ゲームは1ポイントも取れない錦織。
最終ゲームで1ポイント返すものの
動けない錦織に対して一部の客席からブーイングが起こる。

それでも錦織は最後まで懸命に試合を続けた。
ただMTOを取らなかったため、一部で誤解されたことは否めない。

マスターズ1000、ロジャーズ・カップ準決勝。
4大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会で
錦織は初優勝を目指していた。

試合後のATP公式サイトによる錦織選手のコメント。

“I think I’m more tired,” admitted Nishikori.
“Everything was sore these couple of days.
Today it got a little bit worst so I couldn’t really move 100 per cent.
“Especially after the first set, I was feeling it more and more.
At the beginning of the first set I was okay,
but after that I wasn’t the same player.”

(引用 http://www.atpworldtour.com/en/news/montreal-2015-saturday-murray-nishikori

この言葉通り、1セットを終えた錦織の動きはまるで別の選手だった。

ナダルを完全に封じ、初勝利を挙げた準々決勝の翌日、
錦織はアクシデントに見舞われた。

このことは青島健太氏が、「好事魔多し」として綴っている。

「能力を最大限に引き出された体は、つねにケガと背中合わせだ。
絶好調で体の感覚が鋭くなったときにこそ起こる、
スポーツならではの故障。
まさに、好事魔多し──である。」

(引用:青島健太:悠然とした振る舞いに揺るぎない自信を感じさせる錦織圭選手
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150818-38417029-collegez-spo)

ゲリー・ウェバー・オープン準決勝を途中棄権、
ウィンブルドン選手権2回戦を棄権、
そして今大会の準決勝・・・
錦織選手の身体が連戦により悲鳴をあげている。

リターンもサーブも確実に進化を遂げ、
結果も出ている。
その進化に錦織の身体が真に追いついたとき
私たちは歴史的瞬間に立ち会えるのだと感じる。

錦織選手と同じ時代(とき)を生きられる幸運に感謝。

錦織圭・グランドスラム制覇への道。
~レジェンド誕生まで~

Don’t miss it!!

【錦織圭 WOWOW ドキュメンタリースペシャル】
勝てない相手はもういない ~錦織圭 確信の瞬間~
8月30日(日)23:00

【全米オープンテニス開幕直前スペシャル】
錦織圭 世界の頂点へ!
(#1) 8月29日(土)20:00
(#2) 8月30日(日)21:00

【マイケル・チャン~ 歴史を変えた日~】
全仏1989 男子4回戦 マイケル・チャン vs イワン・レンドル
8月30日(日)15:00

【松岡修造~ 歴史を変えた日~】
全英1995 男子4回戦 松岡修造 vs マイケル・ジョイス
8月30日(日)17:30

グランドスラムはWOWOWで連日生中継!
今日から視聴可!ネット簡単申込1800円(税込1944円)。
錦織圭特集・グランドスラムテニス塾etc.見どころいっぱい!

WOWOWの番組をリアルタイムで視聴できる
公式アプリ「WOWOWメンバーズオンデマンド」。
ご加入者一人につき、3台まで視聴端末の登録が可能。
一部無料で配信されているコンテンツもあり!

「e割」でご加入日翌月の初回視聴料が1800円(税込1944円)となります。
詳しい登録方法は下記へ↓


コメントを残す