【速報】錦織圭、バウティスタにストレート勝ち。ベスト8へ!!

IMG_77427日(日本時間8日)
男子テニス マドリード・オープン3回戦。
錦織圭(第4シード/世界ランキング5位)は
スペインのロベルト・バウティスタ(第14シード/同16位)に6―3、6―3のストレート勝ち。3年連続ベスト8進出を決めた。

スポンサーリンク



「昨日より攻撃的な良いプレーができた。
フォアをしっかり使って、
最初から最後までしっかりプレーできたので、
今日も良いできだったと思う。」

今年のバルセロナ・オープン(4月25日)
錦織は準々決勝でバウティスタと対戦。
6―2、3―6、6―1で勝ち、
これでvsバウティスタ戦は2勝0敗。

スポンサーリンク



第1セット
第3ゲームと第9ゲームを錦織がブレーク
6―3で先取。
バウティスタの意表を突くドロップショットや
コーナーに鋭く決まるジャックナイフ!
攻撃的で魅せ場の多い試合展開だった。

第2セット
第7ゲームまで共にサービスゲームをキープ。
第8ゲームを錦織がブレークし、5―3。
第9ゲームをキープし、
71分で貫録のストレート勝ち!

ワイドへのサーブや
ショットも深くコートに決まったが、
錦織が耐える場面も確かにあった。

しかし、第8ゲーム開始前のブレイクタイム。
場内に流れたのが
CM アサヒドライゼロフリー「エアK編」
♪Wrapped Up

ナイス選曲!

思わずテレビの前で歓喜の拍手!
錦織選手も心の中で
ノリノリ
ガッツポーズをしていたのでは?

 

さぁ!波に乗った錦織選手。
3回のデュースをものにして
第8ゲームをブレーク!
もちろんガッツポーズや
クールなラケット回しも魅せてくれました!

この調子で準々決勝もグイグイ勝っていきましょう!
vs ダビド・フェレール(スペイン)戦。
世界ランキング8位/第7シードのフェレール
昨年も同大会の準決勝で対戦した両者。
(*昨シーズンATPツアー べストマッチ2位)
10度目のマッチポイントを制し
マスターズ初決勝進出を決めたのは錦織だった。

これまでの対戦成績は7勝4敗。
錦織リードだが、
アビエルト・メキシコ・テルセル男子決勝で、
錦織は敗れて準優勝。

錦織とフェレールの準々決勝、第6試合は
第5試合終了後
日本時間5月9日(土)深夜3時以降
NHKBS1でLIVE放送の予定。

とは言え、この日は1日2試合と言う過酷な状況。
5時間程の睡眠時間で臨んだ3回戦は
「時差ボケというか二日酔いのような感じだった。
頭はぼやっとしていたが、しっかり集中できた。
明日にはリカバリーして臨めると思う。」

第2シード、アンディ・マリー(イギリス)
第3シード、ラファエル・ナダル(スペイン)も
8強入りを決めた。

錦織選手、アウェーでの熱闘は続く!

Don’t miss it!


コメントを残す