【錦織圭・強さの秘密 】科学的に分析!~マイケル・チャンコーチとの不思議な縁~

2015y05m21d_112110412リアル・テニスの王子様・錦織圭の強さの秘密を「反応速度」「予測力」「片足スプリットステップ」「IMGアカデミー」等のキーワードを通してスポーツ科学の見地から分析。錦織圭とマイケル・チャンコーチとの意外な結びつき~不思議な運命の糸~とは?

スポンサーリンク



今や国民的スーパースター!
リアル・テニスの王子様
錦織圭の強さの秘密とは!?

スポンサーリンク



【錦織圭強さの秘密 その1】 反応速度が速い
錦織圭の強さの秘密は
走る距離が少ないこと。

脳から筋肉への指令伝達速度が速く
相手がボールを打った瞬間
どちらへ動かなければならないのか
瞬時に判断して身体が反応する。

反応にかかる時間は
普通の選手で0.3秒だが、
錦織圭はわずか0.15秒で半分。

まるで「NINJYA」

錦織の身長は
外国人プレーヤーの中では低い。
しかし、人間の脳から筋肉への
伝達速度は身長に関係ない。
すなわち、脳からの信号伝達速度が速い
錦織はボールの落下点を
予測して動くので
ロスが少ない「省エネ」タイプの選手。
まるで「NINJYA」と絶賛される
敏捷な動きは世界でもトップレベル。

【錦織圭強さの秘密 その2】 片足スプリットステップ
錦織の動きをスロー再生で見ると、
相手がボールを打った際、
「片足スプリットステップ」を
踏んでいるのがわかる。

ラリー時に必要とされる「予測力」

左右どちらの足を軸にするかは
相手の動きを瞬時に読んで決める。
錦織は相手の動きから
自分の「予測力」を駆使して
ボールに反応している。

相手の動きを正確に読み、
動きに合わせて反応を速くするために
テニスでは、スプリットステップを踏む。

錦織はスタートが他の選手より速い分、
幅広い対応ができることになる。
この「予測力」は
訓練によって鍛えることができる。

「予測力」を訓練する際に
感情を大きく表現することで、
感情とともに記憶が貼り付けられるため
「予測力」は鍛えられる。

ちなみに『テニスの王子様』に出てくる
「片足スプリットステップ」は
錦織のコーチ、マイケル・チャン氏がモデル。
『テニスの王子様』を読んで
「片足スプリットステップ」を
練習したと言う錦織選手。

錦織選手とチャンコーチは
不思議な運命の糸で結ばれていたのかもしれない。

2015y05m21d_112344921

 

 

 

 

 

 

【錦織圭強さの秘密 その3】 IMGアカデミー
錦織選手はアメリカのIMGアカデミーに通っていた。
IMGアカデミーでは、
世界中から来た多くの人達が
テニスを学んでいる。

校長のニック・ボロテリー氏によれば、
錦織選手は13才の時に
IMGアカデミーを訪れたが、
最初は球を打つこともできなかったと言う。
ホームシックにかかり喋れなかったようだが、
「ほめて伸ばす」IMGコーチ陣の
前向きな指導を受け
ぐんぐん成長し、
15歳の頃には見違えるようになっていた。

【IMGアカデミー】
アメリカのフロリダ州にあるスポーツ施設。
テニスアカデミーで有名だが、
ゴルフコースやスタジアム等、
他のスポーツ関連施設も充実し、
学校も併設されている。

あまりに広大なため、
場内の移動はシャトルトラムを利用する。
テニスコートは55面。
その他にもウェイトトレーニング、
瞬発力を鍛えるシステム、
プロになった際に自分を上手に
自己PRする方法などを学べる。

生徒一人について3人のコーチが付き、
幅広い内容の指導を受けることができる。
このような恵まれた環境で
錦織圭選手はテニスを学び、
超一流の技術を身につけた。

yjimage[3]

 

 

 

 

IMGアカデミー(アメリカ/フロリダ州)
http://family.president.co.jp/blog/online/869/

 


コメントを残す