【速報】錦織圭 VS ジョン・イズナー マイアミ・オープン男子 準々決勝

2 019マスターズ1000・マイアミ・オープン
(2日、米フロリダ州マイアミ)
男子準々決勝で世界ランク5位の第4シード、
錦織 圭(25)(日清食品)は、
世界ランク24位、第22シードのジョン・イスナー(29)(米国)と対戦。

スポンサーリンク



錦織圭 VS ジョン・イズナー
マイアミ・オープン 男子準々決勝

錦織選手は、
4-6、3-6
ストレートで敗れた。

2m8cmの長身から繰り出す
パワーサーブは絶好調。
セカンドサービスでも81%の確率でポイントを決め
今大会48ゲーム連続でキープ。

錦織のリターンゲームから始まった
第1セット 第10ゲーム
錦織は0-40とイズナーに3度のブレークチャンスを与え、
ラケット交換のため走る。
最後はイズナーのストロークがぎりぎりネットイン、
この試合初めてブレークを許し
4-6で第1セットを落とす。

第2セット第2ゲームを
第1セット第10ゲーム同様
ラブゲームで再び
イズナーにブレークされてしまう!

第4ゲーム 錦織のサービスゲーム
0-30からフリーポイントで15-30とするも
イズナーにバックハンドのダウン・ザ・ラインを決められ
15-40と追いつめられる。
ボディのサービスが決まり、
1度目のデュース
ここで惜しくも波を逃してしまう。
アドバンテージを取れたはずのサービスはなんと、
「フォルト」の判定!
ビデオの映像では「IN」
しかし、錦織は
2日前のゴファン戦同様
チャレンジをしなかったのだ。
2回目のデュースの後
フリーポイントでアドバンテージを取るが
ダブルフォルトで3回目のデュース
7分14秒かかり、
サービスゲームをキープし、3-1。
しかし、ここまで
イズナーからサービスエースを取ることはできなかった。

第5ゲーム
フロリダ出身のイズナーにとって
マイアミの会場はホームと言える。
しかし会場からは
錦織を応援する力強いコールがわき起こった!!

スポンサーリンク



得意のラリー戦に持ち込みたい錦織だったが、
身長差約30cm
時速200kmを超えるイズナーのサーブに圧倒され
錦織は12本のサービスエースを決められてしまう。
ビッグ・サーバーのイズナーは
昨年度、989本のサービスエースを決めている。

イズナーの時速220kmのサービスを
懸命にリターンする錦織だったが
イズナーの圧倒的なパワーに封じ込められ
審判の判定も含め
不利な場面が多かった。
錦織は、自身のサービスゲームでも
イズナーの強烈なフォアハンドに苦しみ、
最後までリズムをつかめなかった。

高い壁に阻まれシードを守れず、
1時間10分で敗れ、2年連続ベスト4進出はならなかった。

あまりの体格差
ベースラインからの強烈なショット
恐るべしイズナー

錦織選手は4月13日~4月19日
モンテカルロ・ロレックス・マスターズをスキップし
5月3日~5月10日 マドリードオープン(スペイン)に出場する予定。

心を一つに皆で
錦織選手を応援していきましょう!


コメントを残す