【激動のシーズン最後の舞!】羽生結弦Yuzuru Hanyu国別対抗戦2015エキシビションにて「パリの散歩道」披露

sx7ySy7c8zQQqOY1429449440_1429449811

世界フィギュアスケート国別対抗戦2015、ショートプログラム(SP)、フリーとも­1位だった男子の羽生結弦(ANA)は、金メダルに輝いたソチ五輪のSPで使った「パ­リの散歩道」、アンコールでショートプログラムのショパンを披露。渾身の舞で今季最後­のフィナーレを飾った。

スポンサーリンク



今季のランキング上位6カ国によって争われるフィギュアスケートの世界国別対抗戦2015、男子フリーでは羽生結弦Yuzuru Hanyu がショートプログラム(SP)首位に続き、192・­31点をの高得点をマークし、1位となった。

SP4位の無良崇人(24=HIROTA)は165・40点で3位に入った。

女子フリー(FS)では、宮原知子(関西大中・高スケート部)が自己最高得点となる129.12点で3位、村上佳菜子(中京大)が113.32点で6位となった。

この結果、日本は合計103点で総合3位となり、2大会連続の銅メダルを獲得した。優勝は米国で110点、2位はロシアで109点だった。

スポンサーリンク




<最終結果>
1位:米国 110点
2位:ロシア 109点
3位:日本 103点
4位:カナダ 82点
5位:中国 77点
6位:フランス 59点

 


コメントを残す