【銀メダル】羽生結弦・世界選手権2015上海 男子フリー

2015y03m28d_224513139

2015フィギュアスケート・世界選手権(中国・上海)男子フリーが終了しました。
羽生結弦選手(ANA)は、日本選手初の2連覇に挑みましたが、SP2位のハビエル・フェルナンデスが逆転。
結果は、銀メダルに終わりました。

スポンサーリンク



羽生選手は、男子SPで今季自己最高の95・20点を出し首位スタート。
フリーの演技では、最初の4回転がダブルサルコにー変更、
その後の4回転で転倒。

後半は完璧な演技を見せましたが、4回転のミスが続いたことから点数が伸びず、
SP2位のハビエル・フェルナンデスが逆転優勝。

残念ながら、2連覇を制することができず結果は銀メダルに終わりました。

2015世界選手権・上海 結果

金メダル ハビエル・フェルナンデス(スペイン)TOTAL273.90
銀メダル 羽生 結弦 (日本/ANA)     TOTAL271.08
銅メダル デニス・デン (カザフスタン)   TOTAL267.72

12位 小塚崇彦(トヨタ自動車)TOTAL222.69
16位 無良崇人(HIROTA)TOTAL211.74

スポンサーリンク



因縁の地・上海でのオペラ座の怪人の演技は、
やはり力み過ぎてしまったのか、最初の4回転がダブルサルコーに。

その後の4回転も完璧に跳ぶことができず、
無念の想いを読み取ることができましたが、
後半になるにつれて、演技の精度が増し、
すばらしいスケーティングを
見せてくれました。

病気とけがの後、今大会に出場するにあたって、
3月に入ってから本格的な練習をはじめたそうです。

この短期間で銀メダルというのは
最高の成績だったのではないでしょうか。

本人はとても悔しそうでしたが、
出場するだけでもすごいことだと思います。

衝突事故の後の怪我、その後の病気の手術。
そして、捻挫と立て続けにアクシデントに見舞われ、
普通の人では、リンクに戻ってくるだけでもとても
大変な事だったと感じます。

その後に、短期間で身体を調整し、
大会出場の決意を固めたこと。

本当に強い意志と精神力がなければ、
簡単には復帰できず、
4回転にもチャレンジできなかったのではと思います。

どんなことも不可能とあきれめずに
何度も果敢にチャレンジし、
不可能を可能に変えていく勇気と根気
気迫漲る精神力に脱帽です。

フリーのオペラ座の怪人では、
ますます演技力と表現力が増し、
切れのあるジャンプ、
フォントムの苦悩とすごみ
クリスティーヌの繊細な嘆きまで見せてくれました。

優雅で美しいスピンも健在で、
身体の調整が終われば、
今後ますます伸びていくであろう
可能性を感じました。

4回転がすべて決まり、
また鳥肌が立つようなすばらしい
オペラ座の怪人の完成版を心から楽しみにしています。

すばらしい演技をお疲れさまでした。

ゆっくり休んで、
またすばらしいスケートでリンクを沸かしてくれることを
心から祈っています。


コメントを残す