【速報!】羽生結弦・世界選手権連覇に向かって!

2015y03m27d_215634821

2015フィギュアスケート・世界選手権が3月25日より、中国・上海で開幕されました。
27日日本選手初の2連覇に挑む羽生結弦選手(ANA)が、怪我と病気を乗り越えて
本大会に決戦を挑みました。
男子ショートプログラム(SP)の結果は・・・。

スポンサーリンク



結果は
羽生選手がシーズンベストを更新する
95・20点をマークして首位に着きました!

冒頭の4回転トーループで手をついてしまいましたが、なんとかこらえ、
次のトリプルアクセル(3回転半)は美しく決まり、
3回転・3回転のコンビネーションも成功しました。

すごい気迫でした!

鳥肌が立ちました!

氷のエッジのような
鋭利な美しさとショパンの気品が漂うような
すばらしい演技でした。

技術も芸術面も間違いなく
世界トップクラス
オリンピック金メダリストの実力を見せてくれました。

技術点49・92点
演技構成点45・28点
合計95・20の高得点をはじき出し、首位の座に!

羽生選手のすごいところは、
技術の面はもちろん
なによりもメンタルの強さだと思います。

かわいらしい顔に似合わず
筋金入りの心臓の強さですね!

まるで一人の体の中に
天使と悪魔が共存しているような
ギャップもまた魅力の一つだと思います。

フリーでもすばらしい
渾身のオペラ座の怪人を魅せてくれるのでは!
スポンサーリンク



今大会の羽生結弦選手は、24日の公式練習に、
昨年12月の全日本選手権以来、約3か月ぶりに姿を現しました。

上海は、昨年11月の中国杯にて、フリー直前の6分間練習で中国・閻涵(エンカン)選手と
流血事故があった因縁の会場でもあります。

羽生選手は、
「皆様はいろいろ思うところがあると思いますが、
僕はぜんぜん気にしていません。」
と強いメンタルを見せました。

公式練習では、
4回転、連続3回転ジャンプに何度も美しく決めました。

ショートプログラム(SP)の曲による練習では
冒頭の4回転ジャンプを決めることができず、
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も失敗に終わりました。

昨年の怪我と病気は、
衝突事故による頭部挫創のほか、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右脚関節捻挫、
その後、尿膜管遺残症による手術
そして2週間の入院、4週間の自宅安静を経て練習を再開直後、右足を捻挫。

練習を再開したのは3月初めというアクシデントの中
傷だらけのプリンスが挑む
明日は日本人初の2連覇に挑戦!

 

最終決戦は流石にグレードが高く
どの選手が優勝してもおかしくないくらい
完成度が高く、白熱しています。

明日のフリーはどんな演技を見せてくれるのか
最高に楽しみです!

また速報をお届けいたしますね!


コメントを残す