“安全”であるはずのステイホームは屋内環境の設計をいかに再構築するか




19世紀の建築設計のモットーが「産業」、20世紀が「効率」だとするならば、パンデミックを経験した21世紀では「健康」を軸にインドア環境が再構築される可能性がある。ワークステーションにいながら空調などをパーソナライズド化できる屋内設計がもたらすのはウェルビーイングか、それとも分断か。“安全”であるはずのステイホームのありうべき未来を考察する。
Source: WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください